ワイン用語集セパージュ

サンジョベーゼとは?特徴と味わい、産地を解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

サンジョベーゼはイタリア全土で栽培されている品種で、有名なキャンティの主要品種です。

並質のワインから高級ワインまで幅広く、またほかにはない特徴があるため人気があります。

通常のキャンティは飲みやすいのですが、一方で色合いは明るく渋みも少ない印象です。

しかし本来のサンジョベーゼは渋みも色合いも強く、凝縮された味わいに仕上がります。

 

サンジョベーゼ

イタリア全土で栽培されるブドウ品種

サンジョベーゼはイタリアのトスカーナ州で特に多く栽培されていますが、実際にはイタリア全土で栽培されていています。

栽培面積も2位のモンテプルチアーノの2倍の面積があり、いかに重要な品種かがうかがえます。

 

イタリアの中でも特にトスカーナ州ウンブリア州マルケ州などの中部で際立ちます。

 

イタリア以外の国でも栽培は試みられていますが、今のところ大きな成功は見受けられません。

アメリカやオーストラリアでもヴァラエタルワインとして販売されていますが、イタリア本土のワインに比べると品質はよいとは言えないものでしょう。

サンジョベーゼはクローンも多くあり、そのクローンで大成功したのがブルネッロディモンタルチーノでしょう。

ブルネッロはサンジョベーゼの亜種で、サンジョベーゼグロッソとも言います。

サンジョベーゼよりも大粒なのに酸味や渋みが強く、長期の樽熟成を経て出荷されるため複雑でほかのワインにはない特徴があるのです。

 

味わい

前述のようにサンジョベーゼは安いワインの品種にも用いられ、極端に安価なサンジョベーゼは色合いも明るく、渋みも少ない並質のワインです。

しかし、本来は紫に黒の印象のあるガーネットの濃い色調で、香りも味わいも凝縮感があり、飲みごたえがあります。

ドライトマトやオリーヴの香りが特徴的で、スパイシーにも仕上がりますので牛肉の炭火焼き(Tボーンステーキ)あわせやすいのです。

 

ソムリエコンテストでも多く出題されますが、似たような品種にカオールのマルベックやマディランのタナ、シラーがあり、たいてい回答が割れます。