ワイン用語集セパージュ

サンジョベーゼとは?特徴と味わい、産地を解説

サンジョベーゼはイタリア全土で栽培されている品種で、有名なキャンティの主要品種です。

並質のワインから高級ワインまで幅広く、またほかにはない特徴があるため人気があります。

通常のキャンティは飲みやすいのですが、一方で色合いは明るく渋みも少ない印象です。

しかし本来のサンジョベーゼは渋みも色合いも強く、凝縮された味わいに仕上がります。

 

サンジョベーゼ

イタリア全土で栽培されるブドウ品種

サンジョベーゼはイタリアのトスカーナ州で特に多く栽培されていますが、実際にはイタリア全土で栽培されていています。

栽培面積も2位のモンテプルチアーノの2倍の面積があり、いかに重要な品種かがうかがえます。

 

イタリアの中でも特にトスカーナ州ウンブリア州マルケ州などの中部で際立ちます。

 

イタリア以外の国でも栽培は試みられていますが、今のところ大きな成功は見受けられません。

アメリカやオーストラリアでもヴァラエタルワインとして販売されていますが、イタリア本土のワインに比べると品質はよいとは言えないものでしょう。

サンジョベーゼはクローンも多くあり、そのクローンで大成功したのがブルネッロディモンタルチーノでしょう。

ブルネッロはサンジョベーゼの亜種で、サンジョベーゼグロッソとも言います。

サンジョベーゼよりも大粒なのに酸味や渋みが強く、長期の樽熟成を経て出荷されるため複雑でほかのワインにはない特徴があるのです。

 

味わい

前述のようにサンジョベーゼは安いワインの品種にも用いられ、極端に安価なサンジョベーゼは色合いも明るく、渋みも少ない並質のワインです。

しかし、本来は紫に黒の印象のあるガーネットの濃い色調で、香りも味わいも凝縮感があり、飲みごたえがあります。

ドライトマトやオリーヴの香りが特徴的で、スパイシーにも仕上がりますので牛肉の炭火焼き(Tボーンステーキ)あわせやすいのです。

 

ソムリエコンテストでも多く出題されますが、似たような品種にカオールのマルベックやマディランのタナ、シラーがあり、たいてい回答が割れます。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。