ワイン用語集

ワインの渋みとは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワインの渋みは、主にブドウに含まれているタンニンによるものです。

タンニンは主に果皮や種子、梗に含まれていて、これらの割合が高いと渋みの強いワインになりやすいです。

 

もっとも、白ワインの場合はタンニンが溶出する前にプレスすることで渋みのない果汁を得ることがほとんどです。

そのため白ワインは渋みを感じることがほとんどありません。

ただし一部のワインには若干の渋みを白ワインに与えることで複雑性が加わるとの考えから、スキンコンタクトマセラシオンペリキュレール)が行われます。

 

赤ワインマセラシオンの期間にブドウの果皮の細胞に覆われていた色素のとともにタンニンもおだやかに溶出されます。

これが「色の濃いワインは渋みが強い」イメージの根拠です。

 

また、特に新樽では、樽成分にもタンニンは含まれていて、これは新樽熟成されたワインに溶出されます。

 

タンニンは味わい的にはワインに渋みを与え、これがワインにボディと複雑性を与えます。

また、抗酸化作用がありますので長期熟成型のワインには多く含まれることが望まれます。