フランス地方料理

オニオングラタンスープとは?特徴と材料、合わせるワイン

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

オニオングラタンスープは、フランスの首都パリのあるイルドフランス地方の郷土料理です。

スライスした玉ねぎをじっくりとソテーして、あめ色になるまで火を通します。

フォンブラン(鳥のだし汁)や水などでスープに仕上げ、グラタン皿に盛り、薄切りのパンとチーズをのせてオーブンで焼き上げます。

 

もともとは家庭料理でしたが、日本ではフランス料理が紹介されるといち早くレストランでも前菜として提供されていました。

日本人の味覚にも合うということでファミリーレストランなどでも現在では提供されています。

もともとは家庭料理ですし、熱々の状態なのでワインというよりもお好みのお酒で全く問題ありません。

そのうえで、ビストロなどで定番のコートデュローヌボジョレーなどの気軽なワインであれば特に銘柄を機にせずに楽しめます。

 

まれに、高級レストランで独創的なオニオングラタンスープも提供されますが、家庭料理とは本筋がずれますので、その際は別途個別に検討することになります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→