ワイン以外のアルコール

スピリッツとは?お酒の分類

お酒の分類でのスピリッツ(SPIRITS)は、広義では蒸留酒全般をさします。

もっとも、同じカテゴリーの言葉にブランデーという言葉があり、ブランデーはブドウ原料の蒸留酒をさすので、そのためブドウ原料以外の蒸留酒とさすことが多いです。

また、ウイスキーや焼酎なども独自のカテゴリーとすることも多いのでスピリッツには加えないことも多いです。

 

蒸留酒のためアルコール度数は高く、そのためそのまま飲むのはすくなく、カクテル等のベースになることがほとんどです。

 

スピリッツ

原料

スピリッツは醸造アルコールができれば簡単に造ることができます。

そのため極端な話、糖分か炭水化物があれば製造は可能といえます。

糖分原料の場合はサトウキビ、炭水化物が原料の場合はジャガイモやとうもろこし、麦、大豆、米などからも造られています。

原料が炭水化物の場合は、まずは炭水化物を酵母の働きによって糖分に分解することが必要になります。

 

4大スピリッツとは?

スピリッツは様々ありますが、まずは押さえておくべきは4大スピリッツでしょう。

・ウオッカ(穀物)

・ジン(穀物)

・ラム(サトウキビ)

・テキーラ―(リュウゼツラン)

この4つは世界的に流通していてカクテルのベースとしては必ず必要になる材料です。

ジンは穀物原料のアルコールにジュニパーベリーの香りを加えたものです。

ウオッカやラム、テキーラには蒸留アルコールを調整してそのまま出荷するものと、樽熟成させたりフルーツやスパイスでフレーバーを加えたものに分類できます。

 

以下は4大スピリッツ以外で押さえておきたいスピリッツです。

 

アクアヴィット(ACQUAVIT)

北欧を起源とする穀物原料(主にじゃがいも)のスピリッツです。

主にデンマーク、スウエーデン、ノルウエー、アイスランドなどで造られます。

これらの地域は緯度が高くブドウが育たないため必然的に穀物原料になります。

これもそのまま出荷されるものと香りや味わいを加えたものの二種類があります。

 

カシャッサ(CACHACA)

ブラジル原産のラムで、ピンガとも呼ばれます。

 

コルン(KORN)

ドイツ原産の穀物原産のスピリッツ。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。