自宅で楽しむワイン

ハンバーグに合うワインとそのマリアージュ

ハンバーグは日本の家庭料理としては定番中の定番で、お子様も大好きですし、もちろん大人も好きな人は多いでしょう。

ワインとの相性も良く、手作りのハンバーグを作った苦労とワインの味わいはまた格別でしょう。

ここではワインとハンバーグの組み合わせをご家庭での楽しみにフォーカスして検討してみましょう。

 

ハンバーグに合うワインとそのマリアージュ

ハンバーグは家庭料理?

ハンバーグは牛や豚のひき肉に玉ねぎや香味野菜のみじん切り、ナツメグなどのスパイス、小麦粉、パン粉、牛乳などで合わせて整形し、フライパンで焼き揚げる料理です。

高級洋食店などの例外はもちろんありますが、基本的にはどの食材も日常気軽に購入できるもので、手間はかかりますが大衆的な家庭料理ととらえて問題ありません。

そのためハンバーグに合わせるワインは価格的にも2000円以内の気軽なワインがいいですし、コンビニやスーパーのワインでも十分に合わせられます。

もちろん付け合わせやソースによっては高級ワインにも合わせられますが、基本的には一本5000円を超えるようなワインは合わせづらいといえるでしょう。

 

合わせるワインとは?

では、具体的にどのようなワインがいいのでしょうか?

ハンバーグはひき肉と野菜から来るうまみと肉の風味が感じられ、そのため白ワインよりはもちろん赤ワインが良いマリアージュです。

ただし脂分が強烈に感じるかといえばそうではありません。野菜のうまみと調和がとれているのでハンバーグ単体で食べやすく、そのため日本の食卓にも合わせやすいのです。

そう検討すると、渋味や果実味が強すぎる赤ワインよりは、若干渋みが押さえめでまろやかな味わいのワインがいいのでは、と考えることが可能です。

もっとも、2000円以内で探そうとするとそこまで渋味の強いワインは見つけるのが難しいでしょう。

そのため、例えばコートデュローヌの赤やラングドックなどの南フランス赤ワインは最高の組み合わせですね。

ややしっかりしたワインですと南西地方カオールなどもいいでしょう。

 

コンビニワインであればキャンティやチリやアルゼンチンカベルネソーヴィニヨンもしっかり合わせられます。

 

ソースや付け合わせを検討しよう

ハンバーグは、肉と野菜が合わさっているので味わい的には中庸で、そのためソースや付け合わせで様々な味わいに仕上げることが可能です。

トマトで煮込めばキャンティクラシコやヴィーノノビーレーディモンテプルチアーノでもいいでしょうし、赤ワイン風味のデミグラスソースで煮込めばボルドーのワインでもいいでしょう。

チーズで煮込めば樽熟成させたシャルドネの風味とも合わせることができます。

 

「ハンバーグは家庭的だけど、せっかくいただいたワインは高級なので、どうしても合わせたい」

ということであればいっそのことトリュフを数枚散らしてみてはいかがでしょうか?

やや無理がありますが、一気に高級感のある味わいになり、ボルドーやブルゴーニュの高級ワインとも合わせやすくなるでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。