ワイン用語集

スティルワインとは?意味とその種類を解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

スティルワインはワインの分類の一つです。

水には「発泡水」と「普通の水」があるように、ワインにも「スパークリングワイン」などの特殊なワインと「普通のワイン」があります。

スティルワインは、その「普通のワイン」全般を指すとお考え下さい。

スティルとは”静かな””動かない”という意味があります。

スティルワインは、スパークリングワインでもない、酒精強化ワインでもなく、フレーバードワインでもない一般的なワインです。

 

映像に詳しい人であればスチール画像という言葉を知っていると思います。

動きのない映像のことを指しますが、このスチールも同じ意味です。

 

赤ワインも白もロゼも、これらのワインであればスティルワインです。

 

 

スティルワインの種類

上記のように、一般的なワインはすべてスティルワインになりますので、種類をあげるのは逆に覚えづらいです。

そのため、以下のように覚えるのが正攻法でしょう。

フォーティファイドワインポート、マディラ、マルサラなど)

フレーバードワインヴェルモットなど)

・スパークリングワイン(シャンパーニュなど)

これら以外のワインはすべてスティルワインです。