ワイン用語集

スティルワインとは?意味とその種類を解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

スティルワインはワインの分類の一つです。

水には「発泡水」と「普通の水」があるように、ワインにも「スパークリングワイン」などの特殊なワインと「普通のワイン」があります。

スティルワインは、その「普通のワイン」全般を指すとお考え下さい。

スティルとは”静かな””動かない”という意味があります。

スティルワインは、スパークリングワインでもない、酒精強化ワインでもなく、フレーバードワインでもない一般的なワインです。

 

映像に詳しい人であればスチール画像という言葉を知っていると思います。

動きのない映像のことを指しますが、このスチールも同じ意味です。

 

赤ワインも白もロゼも、これらのワインであればスティルワインです。

 

 

スティルワインの種類

上記のように、一般的なワインはすべてスティルワインになりますので、種類をあげるのは逆に覚えづらいです。

そのため、以下のように覚えるのが正攻法でしょう。

フォーティファイドワインポート、マディラ、マルサラなど)

フレーバードワインヴェルモットなど)

・スパークリングワイン(シャンパーニュなど)

これら以外のワインはすべてスティルワインです。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→