ワイン用語集フランスワインボルドーのシャトーボルドー地方生産者

シャトーシュデュイローとは?その特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

シャトー シュデュイローは、ソーテルヌに位置し(プレニャック村)、プルミエ クリュに格付けされているシャトーです。

セカンド ワインはカステルノー ド シュデュイローです。

2004年から、辛口ワインも生産しており、エス ド シュデュイローという名でリリースされています。

 

所有している畑は92haで、年間生産量は約10000ケースです。

シャトー ディケムから真北の1キロ先の隣接した場所にあって、丘陵部ではなく平たん部にあります。。

プルミエ クリュのシャトーの中では標高が50mと低めであり、ブドウはゆっくりと熟していきます。底土は石灰岩で、表土は砂の多い砂利層です。

栽培面積はセミヨン90%、ソーヴィニヨン ブラン10%です。

 

シャトーシュデュイロー

1級トップのシャトー

収穫はすべて手摘みで行い、厳しい収量制限と選果が特徴的です。

発酵は初めはステンレスタンクで行いますが、1~2日後に新樽率30%で樽に移され、発酵を行います。

熱交換システムを導入しており、発酵中の樽の温度管理を樽ごとに細かく行うことができます。

熟成は18~24カ月行い、ブレンドして瓶詰めされています。

 

ソーテルヌのシャトーは、ディケムがぶっちぎりのトップのため、そうなると「その次はどこのシャトーか」という話になります。

シュデュイローはその手の話題の時には必ず候補に挙がるシャトーで、以前はややばらつきがあるといわれていましたが、ここ数年は見事なワインを造り続けています。

 

ワイナリーの歴史

16世紀まではアラール家が所有しており、ドメーヌ ダラールと呼ばれていました。

そして1580年には二コラ アラール女史とレオナール ド シュデュイロー氏が結婚し、それ以降一族に引き継がれていきます。

1814年にはシャトーの管理人であったニコラ エダム ギヨ氏の所有となりますが、それ以降所有者は幾度となく移り変わります。

 

そして1992年にアクサ ミレジム社が取得し、シャトーは安定した成長をします。

(買収の仕掛人はランシュバージュのミシェルカーズ氏です)

様々な改革が行われ、代表的なものは、セカンド ワインの導入です。

1992年は不作であったことから、シャトー シュデュイローの品質の底上げと安定化を図りました。

 

 

ソーテルヌではディケムに次ぐ高い評価を得ています。

1997年以降は収穫をより遅摘みにし、収量を減らしました。

それにより高い品質が維持され、ワイン愛好家からも高い支持を得ています。

また酸とミネラルが特徴的なので、ソーテルヌで最もバルサック的なワイン、とも言われています。