ワイン用語集

シュール リーとは?わかりやすく教えて!

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

シュール リーはフランス語で”澱(lie)のうえ(sur)”という意味です。

澱は発酵酵母の残骸などが主成分ですが、通常は発酵完了後にこれらを取り除く作業をします。

これを取り除かずに越冬し、翌年の4~5月頃まで澱と接触させることでパン酵母の香りやイーストなどのほんのりとした複雑さをワインにもたらします。

 

この手法はロワール川下流域のミュスカデというブドウを使ったワインに多く用いられる手法です。

ミュスカデは個性に乏しくこれといったウリがありませんでした。

そこである生産者が「それならあえて澱と一緒に越冬させることで個性を生み出そう」

と考えてはじまったという説が主流です。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→