ワインを楽しむための知識

ワインのテイスティング|すするの?音が汚くてモテません。

ソムリエがテレビとかでワインをテイスティングするとき、口にワインを含みながら空気を含ませて飲むのを見たことがあると思います。

ズルズルとかズッーズッーとかの音が聞こえて決して耳障りがいいものではありませんよね。

ですが、あれがワインテイスティングの正式なやり方なのです。

ワインの香りは大変に繊細で直接鼻で嗅いでもわからない小さな香りの分析もしなくてはなりません。

この場合に、ワインを口に含み、口から空気を吸い込み、吸った空気を鼻から抜くことで分析するのです。

この方法はコーヒーのテイスティングでも同様で、やはりズッズッと音を立てて空気を含ませています。

 

ただし、ワインバーやレストランのテイスティングであれをやるのはやめたほうがいいでしょう。

「俺はワイン通なんだから」とおもってズズッーとやっても、自分を大きく見せようという魂胆が透けて見えてしまいます。

 

1990年代のワインブームの時はあのやり方を高級レストランとかでやっている人を多く見かけましたが、音もいいものではないですし、ワインのホストテイスティングそのものは直接嗅いでも十分にできます。

そのため現在のワインバーや高級レストランではあまり見かけません。

 

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。