ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

シルヴァンカティアールとは?特徴と歴史、基礎知識

シルヴァンカティアール(SYLVAIN CATHIARD)は、ヴォーヌロマネを本拠地とするドメーヌです。

小さなドメーヌですが、グランクリュのロマネ サン ヴィヴァンやオー マルコンソール、レ スショなど名だたる畑を所有しています。

シルヴァン カティアールのワインは、とても柔らかく、エレガントで香りが高く、複雑味があることが特徴とされています。

自然に配慮したリュットレゾネを採用し、古木から手摘みで収穫したブドウを中心にワイン造りを行います。

ブドウは100%除梗せずに使用し、低温浸漬は軽めに行い、清澄は行いません。

造りたいワインに合うように、キュヴェにより樽の使用具合を変えています。

シルヴァンカティアール

ワイナリーの歴史

1930年に祖父がワイナリーのカティアール モリニエを設立しました。

祖父は分益耕作でワイン造りを行い、少しずつ畑を購入していきます。

その後、父のアンドレ カティアール氏が引き継ぎ、名声を高めていきます。アンドレ氏はカリスマ醸造家といわれるほど、評価が高い醸造家でした。

シルヴァン氏もワイン造りを手伝っていましたが、若手生産者たちの集まりや、様々なワインをテイスティングしていくことによって、自身のワインを造りたくなります。

そして1984年に独立し、シルヴァン カティアールを設立し、収穫以外は夫婦2人で手掛けていました。

1995年にカティアール モリニエの当主であったアンドレ氏が引退し、カティアール モリニエはシルヴァン氏が買い取る形となりました。

現在は、ボルドーのスミス オ ーラフィットで修業した息子のセヴァスチャンが4代目として、2011年からワイン造りを行っています。

 

ざっくりいうと、

 

カティアールモリニエ(祖父の代 設立者)

アンドレカティアール(父の代 名声が高まる)

シルヴァンカティアール(当代 カティアールモリニエを引き継ぐ)

セバスチャンカティアール(シルヴァンの息子)が4代目となる

のイメージです。

 

ワイナリーの評価

評論家のロバート パーカー氏が、旧ドメーヌであるカティアール モリニエに対して、

「あまり流通していないが、ワインの質は最高レベルである」

と評しているほど、高い品質であるとされています。

 

ジャーナリズム嫌いであまり露出はありませんでしたが、それがウケたわけではないかもしれませんが、ワイン愛好家の中で高い人気を誇ります。

日本への輸入は少ないので、このドメーヌのワインは大変に希少価値があります。