ワイン用語集

ワイン用語のシノニム(SYNONYM)とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワイン用語でsynonym(シノニム)という言葉を聞きますが、これはいったいどのようなものでしょうか?

もともとは英語で”同義語”のことを言いますが、ワイン用語では同じブドウ品種だけど、別の呼び方をする場合に用います。

 

例えばミュスカデは別名ムロンドブルゴーニュと言いますが、ムロンドブルゴーニュはミュスカデのシノニムということになります。

シノニムは無数にあって、カベルネフランとブルトン、ピノノワールとシュペートブルグンダー、シュナンブランとスティーンなどはソムリエ試験においても頻出事項といえます。

 

シノニムは一般的には地域・国が変わると呼び名が変わることが多いですし、同じ地域であっても呼び名が複数あるものもあります。

 

ソムリエコンクールを目指す人にとってはすべてのシノニムを覚えるべきで、例えばシャルドネであれば10種類は覚える必要があるでしょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→