ワイン用語集セパージュ

シラーとは?品種の特徴と生産産地

シラー(SYRAH)は南フランスコートロティエルミタージュなどの高級ワインの主要品種として成功した高貴品種です。

オーストラリアではシラーズ(SHIRAZ)とよばれ、飲みごたえのあるいかにも豪快な料理に合いそうな味わいのワインを造っています。

 

シラーは世界各国で栽培され、部分的に成功を収めたワイナリーはありますが、今のところフランスとオーストラリア以外では地域全体で成功した例は目立ちません。

 

やせた土壌でもよく育ち、エルミタージュではごつごつした小石のある花崗岩質土壌でも上質なワインを生産しています。

 

小粒で果皮が厚く、種子も大きいため色が濃く、スパイシーになりやすいのが特徴です。

個性がはっきりしていて派手なイメージなので、ソムリエ試験やコンクールでは出題されやすいセパージュです。

 

スパイスの香りの中でも特に甘草の香りが特徴的で、コンクールや試験で出題された場合は必ずコメントに組み込みましょう。

面白いのが、フランスのシラーは甘草の香りが特徴的なのに対してオーストラリアのシラー(現地ではシラーズと呼びます)はユーカリの香りが強く、テロワールを感じます。

日照量の強いエリアで栽培されるため糖分が上がり、そのためアルコール度数が強くなる傾向にあります。

 

 

シラー単一品種では特徴が個性的になりすぎてしまいますので南フランスでは白ブドウヴィオニエとブレンドされます。

 

シラーのシノニムはリンク先をご覧ください。