ワイン用語集

タイユ(TAILLE)とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

タイユはフランス語でブドウ樹の剪定のことです。

一般的には北半球で1~3月に行われます。

剪定には様々な種類がありますが、適切な選定を行うことでブドウの果実に栄養分を送る最適な形を形成します。

例えば雨量の少ない地域で土壌にも水分を蓄えることができない場合はぶどう樹自体を小さくしてブドウの果実に栄養が行きやすいようにします。

逆に雨量が多く土壌にも恵まれている場合は、ほっておくと樹が大きくなりすぎてしまい、ブドウの果実に栄養が行きづらくなります。

そのため適切な大きさになるように仕立てます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→