ワインを楽しむための知識

スパークリングワインとシャンパンの違い|種類と呼び方

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワインバーで最初に注文するのがアペリティフといって食前酒になります。

いきなりワインを注文するのでももちろん構いませんが、その前に口当たりのいい飲み物を勧められることが多いですね。

そのなかで断トツに多いのがいわゆる「泡もの」。スパークリングワインです。

ところがこのスパークリングワインはシャンパンと呼ぶこともあるし、最近ではスプマンテという言葉を聞くこともあるしで混乱することもあると思います。

結論から言えば産地や国の違いで呼び方が違うだけなのですが、ここでその違いを確認しておきましょう。

 

スパークリングワインの種類

デフォルトはスパークリングワイン

スパークリングワインとは、そのまま直訳すると「輝くワイン」ということになりますが、もちろん輝いているわけではありません。

サイダーのように炭酸ガスがはじけている様子が輝くととらえられているのでしょう。要するに「泡のワイン」のことです。

そのため後述するシャンパンもスプマンテも大きく見ればスパークリングワインの種類の一つといえます。

そのためワインバーでソムリエさんに尋ねられて困った場合は「グラスのスパークリングワインをお願いします」といえば問題はありません。

 

シャンパンとは?

では、シャンパンとは何でしょうか?

シャンパンはフランス北東部のシャンパーニュ地方(CHAMPAGNE)のことを指します。

そしてワインの世界ではシャンパーニュ地方でできたスパークリングワインを総称して地方の名前のまま「シャンパーニュ」と呼びます。

この地方は大変に冷涼で、ブドウがどうしても酸っぱくなりがちでした。

ところがスパークリングワインとなるとその酸っぱさが味の決め手となって、大変な人気となります。

日本にフランスワインが輸入し始めのころはスパークリングワインイコールシャンパーニュでした。

ただし、「シャンパーニュ」とは呼びづらいため、考え抜いた輸入メーカーが呼びやすいように「シャンパン」と売り出したのです。

 

シャンパンの特徴

売り上げナンバーワンのモエ・シャンドン↑

シャンパーニュ地方のスパークリングワインは瓶内二次発酵といって、瓶の中で発酵をさせることで独特の風味を持たせる製法をしています。

この製法は手間がかかる上に出来上がるまでに時間がかかります。そのため一本の値段はほかのスパークリングワインよりも高価です。

ただし、ガスがワインに溶け込んでいて、立ち上る泡は大変にきれいでほかのスパークリングワインとは一目瞭然です。

また、「お祝い事にはシャンパン」は世界中で認識されています。

そのため多くのパーティーでは国を問わずシャンパンが楽しまれていますし、日本でも結婚式ではほとんどがシャンパンです。

 

ワインバーで「グラスのシャンパン」と注文するということはシャンパンとはなにかをわかっているということをお店の人に伝えるということになります。

そうなると「お、この人はワインのことをよく知っていらっしゃる」と対応が変わってくるかもしれません。

 

イタリアはスプマンテ

では、そのほかの国を見てみましょう。

まずはイタリアです。イタリアはスパークリングワインそのものを「スプマンテ」といいます。

産地は北部に集中していて、高級なものからリーズナブルなものまで幅広くあります。

有名な産地にFRANCIACORTAという銘柄があります。

↑有名なカ・デル・ボスコ

こちらのスパークリングワインはシャンパンと同じ製法をしていますので風味も大変によく、人気があります。

フランチャコルタはイタリアのスパークリングワインの名産地として古くから有名ですが、ブランドではやはりシャンパンにはかなわないようです。

イタリアンレストランでは多くのお店がフランチャコルタをハウススパークリングにしていることが多いようです。

 

その他の国のスパークリングワイン

では、そのほかの国のスパークリングワインをざっくりとみてみましょう。

ドイツ・・・ゼクト

スペイン・・・カバ・エスプモーソ

アメリカ・オーストラリア・・・スパークリングワイン

スパークリングワインは各国で呼び方も違いますし、地方や製法によっても変わってきます。

ただし、日本で流通しているスパークリングワインはほとんどがフランスかイタリア、アメリカ、オーストラリアに限定されます。

そのためワインバーを楽しもうという場合にはスパークリングワイン、シャンパン、スプマンテ位を押さえておけばいいことになります。

ワインは覚えようと思ったらそれこそ百科事典並みの資料になってしまいます。

すべての国のスパークリングワインを押さえるのは逆に楽しめなくなるかもしれませんのでここではお勧めしません。

 

まとめ

いかがでしょうか。まとめますと

①スパークリングワインがデフォルトの言葉になります。

シャンパンもスプマンテもスパークリングワインの一種です。

②フランス シャンパーニュ地方のスパークリングワインをシャンパンと呼び、高品質で世界中で人気があります。

③イタリア産のスパークリングワインをスプマンテと言います。

そのためスプマンテはスパークリングワインですが、スパークリングワインがすべてスプマンテというわけではありません。

 

ここまで読んで、頭に入らないこともある思います。

その場合は身も蓋もありませんが、難しいことを考えずにお店では「スパークリングワインをください」といえばなんとかなります。

「いや、私はきちんと理解したい」そう思う場合はもう一度、このページを最初から読み直しましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→