ワイン用語集フランスワインシャンパーニュ地方

ティラージュとは?瓶内二次発酵の為のリキュール

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ティラージュ(TIRAGE)は、シャンパーニュ地方のワイン醸造用語です。

シャンパーニュは瓶何二次発酵をすることでワインを発泡性にするのですが、これはあらかじめ出来上がったスティルワインをベースにして造られます。

法定実行期日は収穫の翌年1月1日以降となっていますが、この日以降までにベースとなるスティルワインを仕上げ、それを瓶詰めします。

そして瓶内二次発酵用のショ糖+酵母の液体(これをリキュールドティラージュと言います)を加え、瓶を密閉します。

すると瓶内で二次発酵が起こり、当分はアルコール発酵によりアルコールと炭酸ガスに分解されます。

炭酸ガスは瓶が密閉されているため液体にとけこみ、発泡性ワインとなるのです。

 

なお、ティラージュは瓶内二次発酵のために添加するため、1リットル当たりの糖分を20~24グラム(5~6気圧分)までと決められています。

ワインに甘味を添加する目的のリキュールデクスペディションとは違いますので押さえておきましょう。