ワイン用語集ハンガリーのワイン

トカイワインとは?特徴とブドウ品種

トカイ ワイン(TOKAY WINE  “TOKAJI”とも記載します)はハンガリーの東北部、トカイ ヘジアリャ地方で作られている貴腐ワインです。

トカイ ヘジアリャはトカイの町の北に広がっているワイン産地で、アスーとは「しなびた」「シロップのような」を意味しています。

アスーは貴腐ブドウを使用した甘口ワインですので、貴腐菌の影響で水分が蒸発し、ブドウがしなびた様子が名の由来となっています。
トカイ アスーは貴腐ワインとして世界的に知られており、トカイはハンガリーを代表する知名度を持つワイン産地です。

トカイ アスーの中でも糖度が高いトカイ アスー エッセンシアは、世界三大貴腐ワインの一つとして高い評価を得ています。

トカイは冷涼な気候でありながら、北に位置しているカルパチア山脈の影響で北からの冷気が抑えられており、ブドウ栽培に適した環境です。

土壌は火山性土壌をもちます。

トカイでは二つの川が合流する為、朝は霧が発生しやすい気候条件となっており、貴腐菌の繁殖に適しています。

 

トカイ アスーは17世紀頃に誕生したと言われています。

トルコ軍の侵略により、トカイの住民は避難しなければなりませんでした。

ブドウを通常の時期に収穫することができず、通常より遅れてブドウを収穫することになりました。

そしてブドウを収穫しようとしたところ、貴腐菌が付いてしまい、カビている様子でした。

健全ではないと思いながらもそのブドウを諦められず、ワインを作ったことが始まりとされています。

カビているブドウから甘い果汁を搾ることができるとは夢にも思わなかったでしょう。

 

 

トカイワイン

特徴とブドウ品種

 

トカイ アスーは貴腐ブドウを用いて作られているため、貴腐ブドウの複雑な香りと、フルーツのコンポートや蜂蜜などの風味が特徴的です。

トカイ アスーは糖度により区分は異なりますが、アスーを名乗るためには最低120g/Lの糖度が必要とされています。

 

トカイ アスーではフルミント、ハールシュレヴェリュ、シャールガムシュコターイが使用されています。主要品種はフルミントであり、皮が薄く貴腐菌が繁殖しやすいため重宝されています。

 

 

トカイワインの種類

トカイ ワインには極甘口~辛口まで様々なタイプのワインがあります。

トカイ アスーと呼ばれる貴腐ブドウを使用したものが有名ですが、貴腐ブドウを使用していないものもあります。

 

サモロドニ

サモロドニ(Szamorodni)は「自然のままに」という意味であり、畑で選別せずに収穫されたブドウを使用しています。

そのため基本的には貴腐菌の繁殖しなかったブドウから作られたワインです。

サモロドニには辛口タイプのサーラズ(Száraz)と、甘口タイプのエーデシュ(Edes)の2種類があります。エーデシュを名乗るには30g/Lの糖度が必要とされています。

 

トカイ アスー

トカイ アスーは貴腐ブドウを使用した甘口ワインです。この甘口ワインではトカイ アスー固有のプットニョシュ(Puttonyos)という単位が用いられています。

貴腐菌の付いたブドウは、プットニュと呼ばれる26kg入りの背負い桶により醸造所に運ばれます。

そしてゲンツィと呼ばれる136L入りの樽にワインが入っており、そこにプットニュに入っている貴腐ブドウを何杯分加えたかによって、3杯ならアスー3プットニョシュ、4杯ならアスー4プットニョシュという表記が用いられます。

 

2013年の収穫からアスーの表記の仕方が変更になり、残党分120g以上がアスーと名乗れることになりました。

この変更に伴って、今までの5プットニョシュと6プットニョシュのみがトカイすーと名乗れる、ということになります。

また、それまでエッセンシアと混同するとのことで批判のあったトカイアスーエッセンシアの区分はなくなり、トカイアスーの区分にまとめられました。

 

もっとも、それまでのプットニョシュの概念は、表記の有無については生産者の任意になっていて、強制力を持ちません。

そのため今のところ紳士協定レベルの拘束力しかないため、今後の同行が注目されます。

 

 

450g/L以上と最も糖度が高いエッセンシアは、貴腐ブドウのみを使用した極甘口ワインであり、自重の重みで得られる果汁から造られます。

ソーテルヌの最高峰であるシャトー ディケムにも匹敵する甘口ワインと言われています。

 

<その他>

フォルディターシュ(Forditás)という甘口ワインも生産されています。

このフォルディターシュはアスー用ブドウの二番搾り果汁にマストを加えて再発酵させたワインです。

またマーシュラーシュというタイプのワインもあります。

マーシュラーシュ(Máslás)は、アスーやフォルディターシュの搾りカスにマストかワインを注ぎ再発酵させた辛口タイプです。

その他にはトカイ フルミントやトカイ ハールシュレヴェリュという辛口ワインもトカイでは生産されています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。