ワイン用語集フランスワインローヌ地方

ヴァケラス ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ヴァケラス(VACQUEYRAS)は、南フランスローヌ地方の南部地区にあるワイン産地です。

グルナッシュを主体とした芳醇なタイプの赤ワインの生産地として知られています。

ウヴェーズ川近辺のヴァケラス村とサリアン村を含むワイン産地で、西にはシャトーヌフ デュ パプ、北にはジゴンダスが有名なワイン産地として位置しています。

 

以前はコート デュ ローヌ ヴィラージュとして生産されていましたが、1990年には単独のAOCに昇格を果たしました。

これは何を意味するのかというと、一つの各区にするほどの土壌や環境の特殊性が認められていたということです。

 

栽培面積は1700ヘクタール認められていますが、何割かは別の農作物が植えられていて、まだ認知の高まっていないワインといえます。

 

 

ヴェケラス ワイン

ワインの全体像


栽培面積は約1450haで、標高100~400mに畑は位置しています。

気候は十分な日照に恵まれており、比較的一年を通して温暖な地中海性気候です。

土壌はガリッグと呼ばれる乾燥した石灰質土壌が特徴的です。

表土には小さな丸い小石が目立ち、夜間に日中吸収した熱を放出し、ブドウがしっかりと完熟する手助けをしています。

またミストラルと呼ばれる、南ローヌ地区特有の乾燥した強い風が吹き、ブドウは病害から守られます。

そのため南ローヌ地区では、農薬の使用を控えてブドウを栽培する生産者が多いです。

 

赤ワイン白ワイン、ロゼワインがそれぞれ生産されていますが、そのほとんどが赤ワインです。

ヴァケラスの白ワインやロゼワインはあまり見かけることがなく、希少なワインです。

栽培されている品種は、グルナッシュシラームールヴェードルや、グルナッシュ ブラン、ルーサンヌ、ヴィオニエです。

 

ワインの特徴

ヴァケラスはワイン産地としてジゴンダスと類似点が多く、ジゴンダスとよく比較されています。

ジゴンダスは、主要品種であるグルナッシュが80%までと規定されていますが、ヴァケラスはグルナッシュの使用は50%までと規定されています。

シラームールヴェードルもブレンドされるため、ジゴンダスに比べてヴァケラスは味わいに穏やかな印象があります。

またジゴンダスは、ダンテル デ モンミライユの斜面に多く畑がありますが、ヴァケラスの畑は比較的平野部に位置しています。

 

楽しみ方のコツ

ヴァケラスは上質なワインなのですが、とはいえ高級ワインではありません。

日本ではほとんど見かけることのないワインで、その意味では通好みのワインと言えるでしょう。

せっかくのなかなか味わえないワインなので、できれば事前に知識を仕入れてその背景まで楽しめれば最高です。

16度くらいに設定し、グラスは先のつぼまったチューリップグラスであればあまりこだわらなくて大丈夫です。

凝縮した果実味と渋味を楽しめるワインですが、気軽に飲めるおおらかさのあるワインでもあります。

そのため例えば屋外のバーベキューでの気取らない料理に合わせやすいでしょう。

タレに付け込んだお肉を豪快に炭火で焼き揚げ、熱々を口に含んだところをヴァケラスの味わいでマリアージュを味わってみてください。

きっと素晴らしい思い出になることでしょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→