ワイン用語集

VDL(ヴァンドリキュール)とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

VDL(ヴァンドリキュール)はフランスのワイン醸造用語です。

発酵前のブドウ果汁にアルコールを添加してアルコール発酵をさせずに天然の糖分を残して甘口に仕上げるワインです(これをミュータージュといいます)。

VDLは発酵途中なのに対してVDLは発酵前で、そこに大きな違いがあります。

ただし実際にはVDLのなかにはアルコール発酵途中にアルコールを添加するケースもあり、そこまで厳密ではないようです。

VDLはVDNに比べて種類がすくなく、一つ一つの個性がはっきりしています。

そのためソムリエ試験での出題は考えづらいですが、コンクールレベルでは出題される可能性は高いです。

 

 

フランスのVDL一覧

(ブドウ品種は抜粋です)

ジュラ
マクヴァン・デュ・ジュラ(poulasard,chardonnay)
ラングドック
クレレット・デュ・ラングドック(clairette 100%)
フロティニャン(muscat)
ミュスカ・ド・フロティニャン(muscat)
ヴァン・ド・フロティニャン(muscat)

コニャック
ピノー・デ・シャラント(Ugni Blanc)

アルマニャック
フロック・ド・ガスコーニュ(colombard,gros manseng,Ugni Blanc)

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→