ワイン用語集

ヴァンダンジュ(VENDANGE)とは?

ヴァンダンジュはフランス語でブドウの果実の収穫のことを指します。

平地では機械収穫もできますが、ワイン用のブドウは斜面で栽培されることが多く、この場合は人の手で手摘みにするしかありません。

また、機械収穫はぶどう果の選別ができないため、高級ワインではほとんどが人の手による手摘みになります。

 

収穫は一般的には北半球で9~10月になります。

収穫はタイミングによって早摘み(ヴァンダンジュヴェルト)遅摘みヴァンダンジュタルティブ)などがあります。

収穫期を早めることで糖分の上昇を避け、酸味を残しやすくなり、逆に遅摘みは超熟することで糖分が上昇しやすくなります。

通常はヴァンダンジュタルティブは甘口ワインに仕上げることで有名です。

 

なお、ヴァンダンジュタルティヴはブドウ樹についている状態で収穫時期を遅らせますので、害虫や気候のリスクがあります。

そのため通常は一本の価格が高くなる傾向にあり、伝統的にヴァンダンジュタルティヴをしている地域以外は経済的に割が合わないためやりたがりません。

 

また、収穫後にブドウを破砕せずに陰干しにすることで糖度を高める手法に、

ヴァンドパイユ(フランス

パッシート(イタリア)

レチョート(イタリア)

等があります。

合わせて押さえておきましょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。