ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ヴェルジェとは?ブルゴーニュの生産者紹介

ヴェルジェ(VERGET)は天才醸造家のジャン マリー ギュファン氏が手掛けるネゴシアンです。

ジャン マリー ギュファン氏は、その他にドメーヌ ギュファン エナン、シャトー デ トゥレット、ヴェルジェ ド シュッドなどを展開しています。

 

マコネ地区は以前、質より安いワインが多いイメージが先行していました。

しかしギュファン氏はこの土地に目を向け、非常にミネラリティで評価の高いワインを生み出しました。

ギュファン氏はワインが持つミネラル感を大事にしており、シャブリとマコネにあるミネラリティを評価し、同地方を中心にワイン造りを行っております。

ヴェルジェの醸造は、ドメーヌ ギュファン エナンと同様で、フリーラン果汁とプレス果汁を完全に分けて行います。

フリーラン果汁は上級キュヴェ用で、樽を使用して行い、プレス果汁はステンレスで発酵させていきます。

発酵は天然酵母を使用し、他の造り手よりも長い時間をかけて発酵させていきます。

ヴェルジェでは、良いブドウを用いてしかワイン造りを行わないという哲学があり、毎年リリースされる区画が違うのも特徴です。

 

ワイナリーの歴史

ベルギー出身のジャン マリー ギュファン氏は1976年にマコネに移住した後、醸造学校でワイン造りを学び、ドメーヌ ギュファン エナンを設立しました。

そして1990年には、マコネ以外でのシャルドネの可能性を探るために、ヴェルジェをネゴシアン事業として立ち上げられました。

シャブリコートドールを中心とし、ブルゴーニュの白ワイン専門のネゴシアンとして、多くのワインを世に送り出しています。

 

ワイナリーの評価

多くのフランスの有名雑誌で最高評価を得ていて、確固たる地位を築き、名実ともにブルゴーニュのシャルドネ生産者のトップのうちの一人として知られています。

一方、南仏のドメーヌを購入して始めたヴェルジェ ド シュッドは、シャルドネのほかにヴィオニエも生産しており、コストパフォーマンスの高いワインを生産しております。