ワイン用語集

黒ブドウとは?

黒ブドウとは、果皮に赤色色素のアントシアンが含まれているブドウ品種のことです。

赤ワインとは言いますが、赤ブドウとは言いません(もっとも、白ワインの品種は白ブドウと言います)。

実際にブドウを見ても、黒くは見えても赤くは見えませんよね。

 

黒ブドウには、

カベルネソーヴィニョンピノノワールシラーグルナッシュカリニャンメルローサンジョベーゼネッビオーロテンプラニーリョなどがあります。

 

なお、通常は赤色色素は果皮に含まれますが、まれに果肉にも含まれる品種があり、これらはタンテュリエという別の区分にもなります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→