ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ドメーヌ ヴィレーヌとは?生産者の特徴と歴史

ドゥ ヴィレーヌ(VILLAINE)は、コート シャロネーズ地区のブーズロンを本拠地とするドメーヌ です。

ブルゴーニュ最高峰のドメーヌであるDRCの共同経営者 オベール ドヴィレーヌ氏によって設立されたドメーヌ として、高い知名度を誇ります。

白ワインの生産で高い人気がありますが、赤ワインは少量しか生産されていないため希少なワインです。

ドゥ ヴィレーヌ

ブーズロンの著名ドメーヌ

所有している畑が21haであり、そのうちの9haがブーズロンに位置しており、アリゴテを栽培しています。

1986年ごろからビオ ロジックを実践しており、1997年にはオーガニック認定機関であるカリテ フランスから認証を得ています。現在は一部の畑ではビオディナミを実践しています。

 

収量は芽かきやグリーン ハーヴェストを厳しく行い、低く抑えています。

AOCの規定よりも20%ほど低くて収量を抑えており、凝縮感のブドウを収穫することできます。

収穫は手摘みで行い、発酵は自然酵母を用いて大樽で行います。

 

「ブドウとテロワールの個性をあるがままに表現する」

考えがあり、新樽の使用は控えています。

熟成にはステンレス タンクとオーク樽を併用します。

赤ワインでは小樽を使用する場合もありますが、樽からの影響は最小限に抑えるようにしています。

 

ドメーヌの特徴と歴史

ドゥ ヴィレーヌの特徴としては、そのアリゴテへのこだわりを挙げることができます。

まだアリゴテの評価が高くなかった頃から、オベール ド ヴィレーヌ氏はアリゴテの可能性を強く感じていました。

そのためドゥ ヴィレーヌでアリゴテから高品質なワイン生産し、INAOにし新しいアペラシオンの制定を働きかけました。

元々ブルゴーニュ アリゴテ ド ブーズロンとしては認められていましたが、1997年にはブーズロンがアリゴテ唯一の村名格のAOCとして認められることになりました。

 

1971年にDRCの共同経営者であるオベール ド ヴィレーヌ氏によって、設立されました。

2000年からは、オベールド ヴィレーヌ氏の甥である、ピエール ド ブノワ氏が中心となり、ワイン造りを行なっています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→