ワイン用語集

赤ワインとは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

赤ワインは、文字通り外観がルビー、ガーネットなどの色合いをしたワインのことです。

この赤色は、赤色色素のアントシアン(anthocyanin)によるもので、主にブドウの果皮に含まれています。

 

赤ワインの色素

セパージュタンテュリエといって、果肉にも色素が含まれているブドウ以外は、黒ブドウは果皮に色素が含まれています。

ブドウは収穫後、すぐに破砕をして果皮と果肉をぐちゃぐちゃにしますが、この時にすぐにプレスをしても、果皮の細胞に色素が保護されているため望み通りの果汁をえることはできません。

そのため、マセラシオンを経ることで果汁に色素が染み出し、その間に果皮や種子、一部梗からタンニンが溶出されるのです。

 

この結果、赤ワインは黒ブドウからしか製造できないことになります。