ワイン用語集

赤ワインとは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

赤ワインは、文字通り外観がルビー、ガーネットなどの色合いをしたワインのことです。

この赤色は、赤色色素のアントシアン(anthocyanin)によるもので、主にブドウの果皮に含まれています。

 

赤ワインの色素

セパージュタンテュリエといって、果肉にも色素が含まれているブドウ以外は、黒ブドウは果皮に色素が含まれています。

ブドウは収穫後、すぐに破砕をして果皮と果肉をぐちゃぐちゃにしますが、この時にすぐにプレスをしても、果皮の細胞に色素が保護されているため望み通りの果汁をえることはできません。

そのため、マセラシオンを経ることで果汁に色素が染み出し、その間に果皮や種子、一部梗からタンニンが溶出されるのです。

 

この結果、赤ワインは黒ブドウからしか製造できないことになります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→