ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

ヴォ―ヌロマネのワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

VOSNE-ROMANEE(以下ヴォーヌ・ロマネ)はブルゴーニュワインの中でも高い人気を誇るAOCワインを生む村です。

「ブルゴーニュの丘の中心に輝く宝石」とも呼ばれ、ブルゴーニュ最上のアペラシオンとされています。

 

ヴォーヌ・ロマネ村は世界一高級な赤ワインであるロマネコンティの畑がある村としても有名です。

ワインの世界は、どうしても流行があって、現在評価されていているワインが10年後に評価が落ちるということも珍しくありません。

その中にあってロマネコンティはずっと流通価格世界一を保持しているところからも品質の高さがうかがえます。

ロマネコンティ以外にもヴォ―ヌロマネ村の特級ワインは価格が高騰することで有名です。

 

ヴォ―ヌロマネはソムリエ試験では頻出で、特に地図問題はよく出題されます。

地図問題は正解率が低く、逆に言えば地図問題をおさえればアドバンテージといえます。

特に特級畑はすべて押さえておきたいですが、

最も西側はラターシュ

最も東はリシュブール

最も面積が小さいのはラ ロマネ

を中心に覚えましょう。

ヴォ―ヌロマネのワインは一級ワインも含めてそのどれもが大物で、酒質が充実して熟成することでずば抜けた香りを発揮します。
 
また、モノポールが多いことでも有名で、ロマネコンティを含めた特級ワインをはじめとして単一所有者がおおく、そのため土壌環境をワインに表現しやすいのです。
 
ブルゴーニュワインの唯一といっていい泣き所は、一つの区画の畑に複数の所有者がいるためわかりづらく、かつ品質にばらつきがあるところでしょう。
 
それがヴォ―ヌロマネ村に限っては他の村に比べて極端に少なく、生産者はそのワインらしさを表現しやすくなるのです。

 

 

ヴォ―ヌ ロマネ村のワイン

ブドウの品種

ヴォ―ヌロマネは赤のみのアペラシオンで、白ブドウは栽培されていてもヴォ―ヌロマネのアペラシオンは名乗れません。

ブドウの品種にはピノノワールが使用され、ピノノワールを使用するワインの中でも世界的に名高いワインとなります。

暑すぎず寒すぎない理想的な気温と、日照り環境も良いので質の良いブドウに仕上がります。

 

また土壌も理想的なもので、石灰質と粘土質が合わさり、ミネラルを感じられるエレガントなワインになるブドウができます。

恵まれた条件が揃っていることから「神に愛された村」と呼ばれるようになりました。

18世紀にはこの村の評価はすでに出来上がっていることに驚かされます。

 

クリュ

グランクリュ(フラジェを含む)

Romanee Conti

La Romanee

La Tache

Romanee-St-Vivent

La Grand Rue

Echezeaux

Grand Echezeaux

 

プルミエクリュ

Au-dessus des Malconsorts

Aux Brulées

Aux Malconsorts

Aux Raignots

Clos des Réas

Cros Parantoux

En Orveaux

La Croix Rameau

Les Beaux Monts

Les Chaumes

Les Gaudichots

Les Petits Monts

Les Rouges

Les Suchots

 

当サイトのユーザー様には釈迦に説法ですが、ヴォ―ヌロマネは村の名前であって、その村に素晴らしいワインがひしめいています。
 
ただしその中にはロマネコンティもあれば村名ワインもあって、これが駆け出しのワインファンにはわかりづらいのです。
 
それもそのはず、一般の方にはなんとなく同じような響きであれば聞いたことのあるワインを想像して、それがワインの味わいを変えてしまうものでしょう。
 
プルミエクリュとであればまだいいのですが、村名クラスとグランクリュを混同してしまうのはさすがにカモにされる可能性も否定できません。
 
もしヴォ―ヌロマネを飲もうというご友人がいらっしゃれば、できれば間違いのないように導いてみるのはいかがでしょうか。

ヴォーヌ・ロマネの特徴

他にない素晴らしいワインと言われ、力強さと柔らかさの両方を合わせ持つワインです。

イチゴやカシスなどの赤い果実、スパイスなどのアロマが複雑に溶け合い、熟成するほどに詰めたような果実のアロマが感じられます。

タンニン豊かで、コクがあるだけでなく品のある舌触りでピノノワールの良質さを十分に味わえます。

リッチなボディでスケールの大きい、尚且つ贅沢な味わいのワインを楽しめます。

 

ピノノワールは、若い段階ではフルーティーで飲みやすくなりがちですが、ヴォ―ヌロマネ村のワインはそのスタイルではありません。

凝縮感があり、一口飲むとこれがピノノワールかと疑いたくなるほどの違いを感じます。

 

中でも特級畑のワインは深みがあり洗練されたものとなります。

羊や牛肉と相性良く、高価格になるので特別な日にピッタリのワインでしょう。

 

ブルゴーニュのコートドールは、「神の恩恵の地」と言われています。
 
これだけのワインを生み出すのですからこのように呼ばれても不思議ではありません。
 
そしてその中でも最も恩恵を受けているのが間違いなくヴォ―ヌロマネ村でしょう。
 
ボルドーで最高の地区をポイヤックとすれば、ブルゴーニュであればヴォ―ヌロマネがそれに匹敵します。
 
ポイヤックには5つしかない1級シャトーのうち3つ(ラフィットロートシルトムートンロートシルトラトゥール)があります。
 
これは、
 
「無数にあるシャトーのなかで5大シャトーが3つもある。ポイヤックはすごいなあ」
 
のではなく、ポイヤック村の各種条件がすべてそろっているから1級ワインが3つ出たのであって、これと全く同じことがヴォ―ヌロマネ村に言えるのです。
 
ヴォ―ヌロマネには(フラジェを含むと)8つのグランクリュがあって、そのどれもが一塊になっていて、にもかかわらず全く別のワインとして世に出ているのです。
 
この点にブルゴーニュのテロワールの意味のすごさがにじみ出ていると言えるでしょう。

 

合わせる料理


ヴォ―ヌロマネ村のワインは、総じてミネラルの印象が強く、そのため血液を使ったソースとの相性がいいとされています。

もちろん、ワインの格を考えると高級レストランの料理一択といえます。

野生の鴨をローストし、血液と合わせるサルミソースとは最高のマリアージュと言えるでしょう。

血液を使ったミネラル感のある複雑なソースとの相性こそがヴォ―ヌロマネと料理のマリアージュの真骨頂といえます。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。