ワイン用語集フランスワインボルドー地方

ボルドーワインの歴史|現在までの流れをざっくり解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ボルドーは、疑う余地のない世界最上のワイン産地で、ブルゴーニュと並び最も偉大で高名な地域でしょう。

ワイン用のブドウ栽培の歴史は、資料に残っている最古のものとして紀元前3世ころのブルディガラ(ラテン語でボルドーの意味)でのブドウ栽培です。

どうやらその品種は現在のカベルネ種の先祖であったらしいということがわかっているのです。

 

ボルドーワインのイメージは、おそらくワインを少し勉強した人であれば

・広大

・閉鎖的

・商業主義

の三つがあげられるかもしれません。

そしてこれらは間違ったイメージではなく、ボルドーワインの歴史を見ることで納得できる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ボルドーワインの歴史を、できる限りわかりやすく、全体の流れがわかるように、要点をつかんで紹介します。

 

ボルドーのシャトー一覧は、こちらをご覧ください→

 

ボルドーワインの歴史

イギリスとの交流

ボルドーは歴史的にイギリス領になったりフランス領になったりの時代が12世紀からしばらく続きます。

これは1152年、アキテーヌ公領の相続人であるエレオノールがイギリスのプランタジネット朝初代ヘンリ2世と結婚したことによって、イギリス国王の領地となることが始まりです。

早くからワイン産地として名をはせたボルドーは、これによりイギリスへのワインの輸出に拍車がかかるのです。

歴史的には領主の変更により翻弄されているかのように映りますが、ワイン商にとっては商売がうまくいけばそれでいいので大した反発もなかったようです。

 

すでにイギリス国内では確固とした人気を誇るボルドーワインですから、領主の変更とともに生産が先細ってはイギリス国民の反感を買ってしまいます。

そのため彼らにはある種の税の免除や種種の特権が与えられるのです。

立地的にも開運流通の拠点(ハブ港)として活躍し、これが決定的にボルドーを商業の街として押し上げます。

もっとも、このころのボルドーワインは、私たちの知っているボルドーワインとは全く形が違い、明るくロゼ色のクラレットと呼ばれるものでした。

 

現在のボルドースタイルの確立

16~17世紀にイギリスの商人の勢いが後退する(フランスとの領土戦争の影響)なかで、徐々に影響力を持ち始めたのがオランダ商人でした。

このころに開発されたアルコール蒸留によって人気化したスピリッツのために大量の白ワインが必要になったのです。

オランダ商人は蒸留酒用の白ワインブライエ、アントルドゥメール、シャラントと地方に足を延ばし、そしてボルドーに拠点を持ちます。

赤ワインのためのブドウは、もっぱらボルドー市の周囲の湿地帯や現在のグラーヴの小石の多い場所に見出さます。

 

このころの記録に

1533年にオランダ商人のジャンドポンタックがオーブリオンにワイン醸造所をひらき

1540年に義理の兄弟でやはりオランダ商人のアルノードスレナックがラミッションオーブリオンを開いた

ことがわかっています。

 

オーブリオンは、17世紀には現在のようなボルドーワインのスタイルを確立し、色が濃く、ボディーのある味わいがあました。

それまでのクラレットの水っぽさのない味わいに、あっという間にイギリスで人気化しワイン市場のトップに躍り出るのです。

 

メドックの開拓

メドックは、ブドウ栽培地域としての歴史は比較的遅く、もともと荒涼とした湿地帯で、交通手段もままならないため取り残されていました。

しかし、17世紀にオランダ商人が目を付け、干拓を行いブドウの樹を植えたのが始まりとされています。

資料によると、

現在のシャトーマルゴーの砂利の多い土地を1570年にピエールドレストナックが取得し

現在のシャトーラトゥールやシャトーラフィットロートシルトなどが続いた

ことがわかっています。

 

メドックのワインは設立そのものは遅咲きであったのですが、とくにマルゴーラトゥール、ラフィットの三つは17世紀半ばには現在と同様のトップの名声を得ていました。

 

空前の好景気

18世紀、ボルドーは未曽有の好景気を迎えます。

17世紀後半に開かれた西インド諸島(現在のドミニカ共和国とハイチ)との交易が18世紀に全面的に開花するのです。

このころの貿易台帳を見ると、砂糖、コーヒー、ワインが主な交易品目であったことがわかります。

そして奴隷も。

ボルドーはフランス商人にとっては奴隷貿易の拠点としてナントとともに栄えるのです。

 

メドックではすでに名声を得たワインに続き、ブドウ樹の植樹が進みます。

このころにはすでに以前の明るいロゼ色のクラレットではなく、色が濃く味わいも重厚なニュークラレットと呼ばれ名声を博すのです。

これが現在のボルドースタイルの原型でしょう。

 

ブドウ樹の植樹は主に法律家や貴族出身の地方政治家、準貴族などによってはじまります。

ボルドー市は18世紀までは周囲を城壁で覆われた中世風のたたずまいだったのですが、好景気によってその外観を大きく変えるのです。

そしてボルドーの好景気は1855年のパリ万国博覧会での格付けの制定でクライマックスを迎えます。

 

フランス革命後のボルドー

フランス革命時のバスティーユ広場↑

1789年のフランス革命によって、カトリック教会や貴族、宮廷政治家の所有地は没収され、その土地はいったん国有財産となります。

そして競売にかけられた結果、新たな土地所有者が生まれます。

もともとボルドーは開運流通のかなめとして注目されていたので、商業的な理由でなじみのあった銀行家や商人です。

 

もちろん彼らの目的はボルドーワインで一儲けしてやろうという野心でした。

しかし同時に経済界のトップにはすでにワインに関する豊富な知識があり、ボルドーのシャトーを有しているというブランドメリットでもあったのです。

彼らは経営者なので、「小さくてもいいから品質のいいシャトー運営をしよう」なんて思うことはありません。

どんどん畑を開拓し、面積を広げるのです。これがボルドーワインの広大さの一因となっています。

 

19世紀末まで続いた黄金時代には巨大な資金がボルドーに流入し、現在の”商人のブドウ園”というイメージが定着します。

そしてこれは対峙するブルゴーニュワインのスタイル「ドメーヌ(ワイン生産者)のワイン」との対局に位置し、現在も続いています。

 

このように対比を説明しますと、
「なんだ、ボルドーはビジネスライクでブルゴーニュは職人気質なんだ。ブルゴーニュのほうが応援しやすいなあ」となるかもしれません。しかし、それぞれのシャトーが仮にビジネスライクなワイナリーであったとしても、商売だけではとてもボルドーワインの品質を保つことはできません。

品質を高く保ちながら大量に生産するのは、それこそドメーヌとは別の労力があるのかもしれません。

 

灰色の時代

19世紀末まで続いたボルドーの黄金時代は、世界経済の低迷とともにあっけなく終焉を迎えます。

世界経済と直結しているボルドーワインは、常に世界経済の循環の影響をうけます。

フィロキセラによるブドウ畑の減少、病害などの影響による不良なヴィンテージの連続はボルドーのワイナリーを疲弊させます。

さらに20世紀になると二つの世界大戦と1930年代の世界大恐慌でボルドーは壊滅的な被害を受けるのです。

また、アメリカの禁酒法、ロシア革命、ワインの信頼性の失墜とともに、ボルドーは徐々に衰弱し、資金の流入は完全にストップします。

 

こうなるとシャトーのオーナーたちは安定した売り上げを望むためにネゴシアンに長期的な契約を結ぶようになります。

ネゴシアンはシャトーから大量のワインを仲買してワイナリーを名目上助ける代わりに大幅な値下げ交渉と癒着を成功させます。

つまり、これによって品質の低下と閉鎖性がうまれるのです。

 

このころにシャトーオーブリオンは売りに出され、アメリカの銀行家であるディロン家に買収されます。

第二次世界大戦がおわり、状況は少しずつ改善するように思われますが、19世紀までのボルドーの黄金期には到底及びません。

1974年のオイルショックの波に直撃され市場は暴落し、ネゴシアンは1972年と1973年のヴィンテージのストックを大量に抱えざるを得なくなります。

おそらくこの時がボルドーワインの最も厳しい時代だったのかもしれません。

1973年のムートン。ピカソのエチケットです↑

 

伝説の1982年

ボルドーのヴィンテージチャートで1982年は伝説のように語られます。

1982年は1970年以来のグレートヴィンテージで、成功はソーテルヌ以外のボルドー全域に及びました。

品質においても価格においても世界中のワインファンを納得させ、ボルドーは息を吹き返します。

アメリカのワイン評論家のロバートパーカーが100点満点法を引っさげて華々しくデビューしたのも1982年です。

ボルドーワインは1982年ヴィンテージによって国際舞台に復帰し、再び資金が流入し始めるようになります。

ボルドーの上昇気流はその後のすばらしい天候にもあとおしされ、

1983、1985、1986,1988、1989,1990

と続きます。

これによって各生産者は設備投資に資金を回し現代的な醸造システムと栽培法を取り入れることの成功するのです。

 

~現在

1982年のヴィンテージを端緒に復活ののろしを上げたボルドーワインですが、そうなると俄然存在感を増すのが投資家たちです。

ぞろぞろとボルドーに戻ってきた投資家たちは資金を投じ、ボルドーは19世紀の黄金時代の再来となります。

・アクサミレジム(シャトーピションロングヴィル、シャトースデュイロー、プティヴイラージュ)

・GMF(シャトーベイシュベル、ボーモン)

・クレディアグリコール(シャトーグランピュイデュカス、メイネイ、ド・レーヌヴィニョー)

・コロニーキャピタル(シャトーラスコンブ

・サントリー(シャトーラグランジュ

などが知られています。

 

いくつかの黄金期と灰色の時代を経て、ボルドーのシャトーたちは経験を積みました。

そして多くの評論家はもう過去のような過ちは犯さないだろうというのが多数意見です。

ボルドーはインバウンドにせよアウトバウンドにせよ、あまりにも経済的影響が巨大です。

現在の世界的な好景気が再度の黄金期を招いていることは、5大シャトーの価格の高騰をみても明らかでしょう。

しかし経済は必ず循環がありますので、またいつどこかで不況が訪れるかはわかりません。

その時にどのような施策をとるか?こういう目線で見ることができれば、またボルドーワインを深く味わえるでしょう。

 

さて、一番最初に、ボルドーワインのイメージを

・広大

・閉鎖的

・商業主義

として三つあげました。

なぜそのようなイメージがあるのか、ここまでお読みいただいたあなたにはきっとご理解いただけたでしょう。