ワイン用語集フランスワインボルドー地方

メドックとは?ボルドーワインの特徴とブドウ品種、歴史

メドックボルドーから北側にある地区で、ジロンド河口左岸に広がる地区です。

この地区では赤ワインのみがAOCとして認められており、タンニンをしっかりと感じられる長期熟成タイプの赤ワインが造られています。

世界で最もワインの金銭的価値を生み出す地区として有名です。

ブルゴーニュも単価は高いのですが、メドックは広大な敷地に広大なブドウ畑が広がり、規模という点では圧倒的です。

 

メドックの特筆すべき点は、規模の大きさとその品質の高さでしょう。

ほとんどのシャトーは大規模な一大企業で、世界中から押し寄せる「ボルドーワインくれ」の需要に答えているにもかかわらず、品質は最高クラスのものを生み出しているのです。

 

土壌は粘土質土壌、海岸よりのため温暖な海洋性気候です。

 

 

メドック地区

世界屈指の高品質ワイン産地

メドックはジロンド河口一体を指しますが、細かく分けるとAOCは2つに分かれています。

サン・テステーフより上流地区をオー・メドックとし、下流はパ・メドックです。

この2つを含む全体をメドック地区と呼ぶのです。

メドックとワインラベルで表記されているものは、河口域で造られたものになります。

 

ジロンド川の岸に積もった砂利小丘の上にブドウ畑があり、最も高い場所でも海抜標高は高くありません。

降雨量は多いものの水はけのよい土壌で、格付け1級のシャトーもこの丘で育ったブドウで造られています。

 

ブドウ品種とワイン

シャトーマルゴー

メドック地区ではカベルネソーヴィニヨンを主体として生産され、時にメルロ種が加えられます。

重くどっしりとしたワインが多く生産され、長期熟成に耐えられる芳醇なワインです。

ワインによってはカベルネソーヴィニヨン100%で造られることもあります。

しかしボルドーはブドウ栽培にとって条件が良く、そのためブドウの個性が出すぎる傾向があり、さらに生産量が巨大なためブレンドをして品質の均一化を図るのです。

 

このブレンドのことをワイン用語でアサンブラージュといいます。

 

4つの5大シャトー

この地区で最も有名なワインと言えば、「5大シャトー」と呼ばれる赤ワインです。

5大シャトーは、1855年にパリ万博のときに海外の流通業者にわかりやすく、当時の流通価格をもとに1級から5級に分類したのです。

現在の1級シャトーは以下のとおり。

・シャトーラフィットロートシルト

・シャトーラトゥール

・シャトームートンロートシルト(1973年に昇級)

シャトーマルゴー

・シャトーオーブリオングラーヴ地区)

1級から5級までの61シャトーが格付けされていますが、その中でも最も格付けの高い1級は5シャトーとなっており、メドック地区では5シャトーの内4シャトーが生産されています。

 

 

メドックの歴史

メドック地区でブドウ栽培が本格的に始まったのは17世紀と言われています。

1855年の格付けのころにはすでにフランスを代表するワイン産地であったことを考えると、わずか100年と少しで確固たる名声を築いたことになります。

 

元々は沼地(湿地帯)であったメドック地区でしたが、オランダ出身のブドウ栽培者が住み着きマルゴーポイヤックなどでブドウ栽培がされるようになったのです。

実際にはこれ以前にもボルドーはメドック以外でワイン造りを行っていたのですが、色の薄いロゼに近いワインだったのです。

そこにきてメドックで造られるワインはコクがあり、それまでのワインに比べて目新しさがあり、一気に人気化するのです。

 

メドックのワインは評判をよび、そうなると次第に貴族階級や商業的な成功を収めた富豪が目を付け始めます。

1570年代になると、ピエール・ド・レストナックがメドックの優位性を見出し、ラモット・マルゴー周辺の土地を集めてブドウを栽培し、これがシャトー・マルゴーになります。

1595年にはラトウールをアルノー・ド・ミユレが所有しますが、その後息子が更に土地を広げて管理していましたが、その後レストナックの一族に引き継がれることとなります。

メドック地区の銘柄ワインを発展させたのはレストナック一族であったと言っても過言ではありません。

 

当時はイギリスが強国として君臨し、かつてイギリス領でもあったメドックワインは人気化します。

商売上手であったメドックのワイナリーはイギリス人好みの色が濃く、コクがあって凝縮したワインづくりをします。

そうなるとより一層高値で取引されるようになり、イギリスではじまった産業革命が世界に広まるにつれてボルドーワインも世界基準となります。

 

世界各地のビジネスエリートや貴族階級にもてはやされるメドックのワインは、1855年のパリ万国博覧会でそのクライマックスを迎えるのです

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

弊社運営のオンラインショップのご案内

ワインの教科書は、

オンラインショップ”ワインブックス

を運営しています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、お立ち寄りください。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ワインブックスへ→